本文へスキップ

株式会社欧州技術支援センターはEMC/Safety/無線認証を専門とする国際認証支援会社です。

TEL. 045-263-9858

神奈川県横浜市西区桜木町4-18 〒220-0021

電気・機械安全ELECTRICAL/MACHINE SAFETY

CBスキーム/CBレポート

電気/電子機器を輸出する際、輸入国が要求するその国の安全規格へ適合し、関連する認証を取得しなければならない場合があります。Aという国へ輸出するために大変なお金と時間をかけて製品試験を行い、やっと認証を取得したと思ったら、次に輸出するBという国でもまた製品試験を行い認証を取得しなければならないとなると、非常に面倒でしかも大変な費用負担になります。

このような面倒な手続きを簡略化する目的で国際的に設けられたのがCBスキーム(CB Scheme)です。





CBスキームは、IECEE(IEC電気機器安全規格適合性試験制度)に基づいて運営されています。申請者は、この制度へ加盟している国の認証機関(NCB)、あるいはCB試験所(CBTL)へ製品試験を依頼し、CB試験レポート/CB証明書を発行してもらいます。取得したCB証明書とCB試験レポートを、新たに輸出する国の認証機関へ提出すれば認証に必要な試験が大幅に省略でき、認証取得の期間短縮、コストの削減が可能となります。

CBスキームでは、世界共通のIEC(国際電気標準会議)規格が使用されますが、加盟各国によって独自に定められた個別要求事項(National Deviation)が存在します。将来的に複数国へ輸出販売をする可能性が考えられる場合、最初にNCBへ試験/CB証明書の申請を行う際に、将来的に申請の可能性がある国の個別要求事項を考慮し、試験項目に追加しておく必要があります。
又、CB証明書は複数国の認証取得を簡略化するものであって、希望する各国の認証マークを取得するためには、最初に取得したCB証明書をその国の認証機関へ提出し、認証マークを申請する必要があります。


現在CBスキームの加盟国は50ヶ国を超え、ヨーロッパ、アメリカ、中国、ロシア、日本、オーストラリアなどがメンバーとなっています。
CBスキーム対象製品は、情報処理・事務機器、電子機器・娯楽用機器類、家庭用電気機器類など、19の製品カテゴリーに分類されています。

CBスキーム加盟各国には、CBレポートとCB証明書を発行する国内認証機関NCB(National Certification Body)があり、NCBが発行するCBレポートとCB証明書を元に、他国のNCBがその国の認証を行う「相互認証制度」がCBスキームです。

バナースペース

株式会社 欧州技術支援センター

[本社]
〒220-0021
神奈川県横浜市西区桜木町4-18
ラ・ロシェル横濱302

TEL 045-263-9858
FAX 045-263-9859

[徳島試験所]
〒771-0213
徳島県板野郡松茂町豊久字豊久開拓
139-40 大塚化学内EMCセンター


◆徳島試験所予約状況は、お電話にて
お問い合わせください◆
TEL 045-263-9858